MBTIを活用したチームビルディング

チームを運営する人であれば、誰でもチームのパフォーマンスを最大化したいと思います。

それは重要だね!

わたしたちの仲間が、得意ではない部分にフォーカスするのではなく、本能的に最も得意とすることにフォーカスできれば、チームとしての生産性は12.5%も上がると言われています。

そのための方法として、私がおススメするのは、MBTIを活用する方法です。

まずは前提となるチームメンバのMBTIを把握する必要があります。こちらの記事に書いたとおり、チームメンバーにMBTIに関連した16パーソナリティーズのテストをやってもらうのもよいですし、テストの依頼を憚られるようであれば、相手のMBTIの見分ける方法としてこちらの記事をご参考にしてもらってもよいので、チームメンバのMBTIを調べましょう。

では、MBTIごとに、チームのどこに配置すればよいのか、解説をしていきます。まずは外向型の人たちからいきましょう。

ENTJさんの特徴

周囲への意識から未来を見通す先見の明を持ち、論理で理解して決断していく。まさにリーダーとしての気質を一番備えた人たちです。

目的を達成するためにビジョンを掲げて周りを説得し、効率的に組織を運営していきます。大胆な判断も得意であり、目的のためなら人にも厳しくなれるため、漫画だとどうしても悪役のボスにされがちですが、ストレスをコントロールし、感情的な配慮ができるようになれば最強です。間違いなく、リーダーをやるのが最適な人材です。

ENTPさんの特徴

Photo by Johanna Buguet on Unsplash

将来を見据えたインスピレーションに触れながら色々と思考を巡らせていく。まさにアイデアマンとして光を浴びる気質を持った人たちです。

組織運営というよりは、アイデアを捻り出して周りと議論をしながら、リスクのあることにも挑戦していきます。ルーティンワークが苦手でいい加減な印象を与えますが、得意なディベート力を活かして、組織においては交渉役に置くのが最適な人材です。

ENFJさんの特徴

未来に向けた感情的な熱意によって、人を巻き込んで進んでいく。まさに熱血教師として人を鼓舞する人たちです。

ENTJと同様、目的を達成するためにビジョンを掲げて周りを巻き込んで推進していき、リーダーとしての素質を持っています。ただし、目的よりも人にフォーカスしすぎるため、自分と考え方が近しい人との繋がりだけを重視し、時には不公平な判断になってしまうこともあります。そのため、思い込みを減らし客観性が身につけるとよいです。組織においてはコーチをやるのが最適な人材です。

ENFPさんの特徴

人好きで好奇心旺盛であり、独創的なアイデアに惹かれて楽しさを追求していく。まさに冒険家として縦横無尽に動く人たちです。

リーダーというよりは、広報やマーケティングの側面から組織に貢献したほうが光るタイプです。組織に必要なことよりも、自分が興味あることに全力投球してしまい、好き嫌いも激しいため、不公平になりがちです。組織の運営は、他のタイプで得意な人に任せて、マーケティングに注力するとよい人材です。

ESTJさんの特徴

細部にまで至るディティールへの拘りと、伝統とヒエラルキーを守っていく。まさに管理者としてきっちり秩序を守る人たちです。

未来へのビジョンというよりは、目の前のことをきっちり管理していきますので、トップのリーダーというよりは、優秀なトップの下でいると輝くタイプです。他のタイプよりも管理が細かすきるため、どうでもよい部分のマイクロマネジメントで嫌われることがあります。リーダーは他のタイプで得意な人に任せて、プロジェクトの管理に注力するとよい人材です。

ESTPさんの特徴

スリルが大好きで衝動的に行動して、いつも忙しく飛び回っており、雑ですがさっぱりとして気前の良いリスクテイカーな人たちです。

飛び回っているところはENFPと似ていますが、ENFPと違って論理的なので、感情に任せて理不尽なことはせず、誰からも好かれる性格をしています。ただし、ルーティンや暗い話が苦手で、考える前に行動してしまい、大やけどすることもあります。ある程度、誰かが練った戦術の上で、切り込み隊長として人と向き合うような営業がしっくりくる人材です。

ESFJさんの特徴

人間関係に重きを置いており、周囲の人のために役立ちたいと願い、優しくて話好き。まさに誰でも受け入れてくれる社交家な人たちです。

きちんとした計画に沿って、人とのコミュニケーションを大切にしながら、どうしたら人の役に立てるかを考えています。しかし、批判されることに弱いため、傷ついたり、一見似つかわしくないような押しつけがましさが前面に出てくるときもあります。先見性などは他のタイプに劣るため、組織の中では人と人を繋ぐコミュニケーションハブに注力するとよい人材です。

ESFPさんの特徴

Photo by Sarthak Navjivan on Unsplash

楽しいこと大好き、暗い話や細かいことは苦手、人と集まるのが大好き。まさにエンターテイナーとして人を楽しませる人たちです。

人の輪の中に入れておけば、勝手に中心になって盛り上げ役を買って出てくれるタイプです。組織に必要なことかどうかよりも、自分や周りの人が楽しんでいるかどうかが重要な指針となっています。難しい話や暗い話題が苦手なので、やるべきことから逃げてしまいがちです。組織の骨格は他のタイプに任せて、周りに組織の魅力を伝えていく広報役になるとよい人材です。