日本でDXが進まない本当の理由

今日は、日本でDXが進まない理由について、日本独特の歩みを踏まえて語っていきたいと思います。

お、今日もイキってるね!

先日、こんなツイートをしたのですが、今日はこのツイートの中身を深堀していきたいと思います。

それではさっそく行ってみましょう!

いまさら叫びだしたDX

Photo by Sarthak Navjivan on Unsplash

コンサルティング業界にいると、どこに行ってもDX(デジタルトランスフォーメーション)が毎日のように謳われています。

名だたるクライアント企業においても、変化の激しいデジタル時代を生き抜くため、他社に先駆けてDXを進めようという意識が高まっています。

しかし、このムーブメントには違和感を覚える人が多いのではないでしょうか。

なぜなら、日本は、バブル崩壊の1990年以降から30年間、IT産業を重要視してこなかったからです。今になって声高くDXと叫ぶことに、とても今更感があるからです。

こういうと、ITとDXは別物なので、今更とかではないという人もいますが、それは抽象的な概念であり、多面的な側面の一部であって、具体的で根幹的なテクノロジの側面においては、ITとDXを分けて考えるほうがおかしいのはエンジニアであれば分かるでしょう。

日本はIT産業を重要視してこなかった

Photo by Carlos Muza on Unsplash

日本がIT産業を重要視してこなかったことが、バブル崩壊から脱却できなかった原因の一つになったことは明白です。

アメリカではクリントン政権時に科学技術による産業強化を公約したため、1990年以降にIT産業がGDPに占める割合が急増するとともに、IT産業が経済を牽引し、リーマンショックまで好景気が続きました。

マイクロソフトやアップルなどの強力なIT企業も育ち、現在は時価総額のほぼ上位はIT企業が独占するまでに至っています。時価総額というのは、株価であり、つまりは世の中の期待が反映されているものです。これからまだまだIT産業が世の中をひっぱっていくと思われているということです。

一方、日本では、IT産業は重要視されず、国際競争力のあるIT企業は一つも生まれず、一攫千金の勝ち筋を失い、そのまま失われた30年を作ってしまったのです。

ITの地位が低いのは日本独特のSIerビジネスが原因

日本では、IT産業は重要視されなかったばかりか、どこか下請けのようなイメージが根付いています。

いまだにITのことをどこかで見下したような発言をする人が多いのも日本人の特徴です。コンサル業界においても、ITは下流であり、お金は稼げるけどどこかレベルの低いものと見られていました。

ITが下請けのようなイメージになったのは、SIerビジネスが原因です。SIerといわれる大手IT企業が、他社のシステム構築を請け負うというビジネスです。

実はあまり知られていませんが、SIerビジネスは日本独特なものであり、海外ではほとんど見られません。

たとえば、アメリカの企業は、自社のシステム構築は自前主義です。システムが競争力の源泉になることを分かっているため、自分たちで作るわけです。

日本のようにITシステム構築をSIerに丸投げしてしまうような文化だと、ITは下請け的なイメージになってしまい、見下され、地位が低いものになってしまうわけですが、アメリカは自前主義である分、ITというものの位置づけが高くなりますし、エンジニアの質も地位も高くなるというわけです。

Googleや Facebookのエンジニアを見れば分かるとおり、アメリカのエンジニアはハーバードなどの有名大学の博士号を取得したような人が多く、質も地位も給料も高いです。

それに比べて日本では、エンジニアに誰でもなれてしまうし、企業のIT部門などでは、およそエリートコースとはいえない人が集まっていたりします。

日本がDX人材不足になるのは当然

Photo by Isaiah Rustad on Unsplash

そんな日本で多くの企業が、いまになってDXしたいけどデジタル人材が不足といっているのはある意味滑稽なわけです。

IT産業を重要視せず、見下し、IT構想からシステム構築までSIerに丸投げしてきたというツケが、いまになって訪れているにすぎません。

そしてまた、DXの時代になっても、コンサルやSIerに丸投げしていたら、日本の企業は何も変わらないでしょう。

DX室を作っただけでやった気になったり、IT(つまりはテクノロジ)も理解していない人間にDXをリードさせたりしていては、アメリカや中国に勝てるわけがありません。

アメリカや中国では、ゴリゴリにテクノロジーを理解した博士号のエンジニアたちがしのぎを削っているわけで、形ばかりの日本企業が勝てるわけがありません。

また、そもそも海外では、デジタルトランスフォーメーションという言葉はほぼ聞きません。AIやARといった技術に根差した話はしますが、概念だけで中身のないDXというワードは興味を持たれないのです。

日本人は学ぶ必要がある

日本人は、平和ボケしています。ITでもDXでも何でもよいので、アメリカや中国に負けないくらいもっと必死に学ばなければ衰退の一途を辿るのみです。

簡単に分かった気になるくせに、見下したり、自分の頭や時間を使って学ぼうとしない、人にやってもらおうとする、これが総じて日本人に言えることです。

本質を深めようとせず、いつも表層的なことに留まっており、自分の知識が表層的であることにさえ気づいていないのが日本人です。

せっかくDXが流行っているのであれば、これを機に日本企業が意識を変えてくれることを切に願います。

自らの意識を変えることでさえ、チェンジマネジメントをやってほしいとコンサルに頼ろうとする企業が見受けられます。そもそもその発想がある時点で、変われるわけがありません。

繰り返しになりますが、日本人はもっと学ぶ必要があります。

せめて、このブログを読んでくれている人だけでも、スキルアップしてほしいので、引き続き情報を提供していきたいと思います。