デジタルとシステムの違いとは

これからの時代、デジタルトランスフォーメーションを実現できた企業が勝ちます。

デジタルトランスフォーメーションについては、こちらの記事でたっぷり語っています。

おお、かなりの力作だよね。

そう、頑張ったんだよー。

今日は、デジタルとシステムの違いにフォーカスし、少し詳細に語っていきたいと思います。この記事を読んでいただいた皆さんは、明日からデジタルを語れるようになるはずです。

デジタルとシステムの違い

まず、デジタルとシステムの違いは、概ね、以下を押さえておけば大丈夫です。

デジタルシステム
技術AI/IoT/スマホ/クラウド基幹系システム  
取組新しいビジネスモデル既存のビジネスモデル
思想戦略の上位的位置づけ 戦略や業務を支えるもの

システムとは何か

まず、システムの方から説明します。

システムという呼称で呼ばれる技術は、人事や会計、社内ポータルといったバックオフィス系のシステム、そしてこれまでのCRMやSCMを支えてきた基幹系システムを指すことが多いです。これらをレガシーシステムと呼ぶ人もいます(オープン系技術を使っていたとしても)。

そして、システムと呼ばれる技術は、既存のビジネスを支えるもので、位置づけとしては企業の戦略や業務を支えるために存在するものでした。組織としての戦略があり、それを実現するための業務があって、最後に業務を効率化するためのシステムがあるという考え方です。

デジタルとは何か

一方で、デジタルとは「スマホの登場によって膨大となったデータを活用し、クラウドで一元化の上、AIによって高度な分析を容易に行うことで、新しいビジネスが生み出す」ための概念です。

デジタルを使いこなしている企業としてはGAFAが有名で、彼らはスマホとSNSとAIを活用し、既存の広告、メディア、小売り、タクシーといったビジネスを根底から変えてきました。

彼らは、デジタルで一から新しいビジネスモデルを作り上げたのです。

つまり、システムと呼ばずにデジタル呼ぶ場合は、既存のビジネスモデルを下支えするために存在する技術としてではなく、デジタルを活用して戦略を一から練り上げるものとして扱うことを意味しているのです。

デジタル時代に求められる人材

これからのデジタル時代では、システムをどのように実現するかという視点で考えている人材ではなく、データドリブンでビジネスを再構築できる人材が求められています

従来からのシステムに関する知見のみを有している人は、今後のデジタル時代でも安泰ではないということは以前のこちらの記事でもご説明しました。

確かに、AIやIoTやSNSを理解するにあたって、これまでのシステム知見は非常に役立つでしょう。しかし、技術はどんどん新しいものが出てきますので、きちんとキャッチアップしていける人材が必要になってくるのです。