尖った意見を普通の人に伝えるときにはソフトにしよう【オリジナルな人が仲間を獲得する方法】

Photo by Aarón Blanco Tejedor on Unsplash

今日は、尖った意見を持っている人が、普通の人々に考えを伝えるとき、いかにソフトな伝え方が重要であるかをお話します。

今日の記事は、「おれ、尖ってるな~」っていう人向けだね。

尖ってる意見というのは、一般的な常識やルールを疑い、既存の枠組みを外から捉え、さらに良くしていこうとするものです。世の中をもっとよい場所にするためにはとても必要なものです。

しかし、多くの一般の人は、これまでのやり方を大きく変えたくないと思っています。

以前、こちらの記事にて、変革後のガス抜きの重要性を説明しましたが、今日は、変革する前の段階で、いかに尖った意見を普通の人たちに受け入れてもらえるようにするかという点を解説していきます。

尖った意見は通常、普通の人には反社的に嫌悪感を持たれる

Photo by Isaiah Rustad on Unsplash

まず、人というのは、自分が普段から考えていないことには目が留まりません。これは、こちらの記事でもお伝えしたとおり、脳というのは効率よく情報を処理するために、自分が必要としているもの以外は排除してしまうためです。

そして人は、自分が必要としているもの(つまり、普段から信じていること)と異なる意見に対しては、大なり小なり反射的に嫌悪感を持ちます。これは、簡単にいえば自己防衛本能です。

尖った意見というのは、一般的な常識やルールを見直そうというものが基本的なスタンスですから、大抵の普通の人からすると、普段から信じていることと真逆の意見を伝えることになるわけです。

だとすると、まず、この防衛本能を突破しないといけません。ではどうすればよいでしょうか。

尖った意見は、その本質を隠してソフトに伝えよう

答えは、尖った意見を普通の人に伝えるときには、一番尖った部分はオブラートに包み、ソフトな伝え方をするということです。

尖った意見を発する人というのは、大抵、無駄が嫌いなタイプです。それゆえ、こうしたソフトな伝え方よりも直球でのコミュニケーションを好む性質があります。ここに落とし穴があるということです。

普通の人は、尖った意見には反射的に嫌悪感を持ちますが、必ずしも現状に満足している人ばかりではないことも事実です。尖った人と似たような問題意識を持っている人も多くいます。しかし、あまりに尖った意見には、不安を覚えてしまうのです。

ですから、普通の人に伝えるときには、最も尖った部分(尖った意見を持っている人が一番言いたいこと)を直球で投げても、受け取ってもらえるはずがないのです。焦らずに、尖った部分は隠して、受け入れやすいようなソフトな形で伝える必要があるのです。

尖った部分はソフトにして、最も受け入れられやすいフレーズを慎重に選ぶのです。この方法は、政治でもよく使われている手法です。決して汚いやり方ではなく、変革をしようと思ったら、率直すぎる直球では、物事は動いていかないというのが事実なのです。

なぜ普通の人に受け入れてもらう必要があるのか→仲間が必要だから

世の中において、こうした尖った意見を成就させる、つまり世の中の常識やルールを変えていくためには、それを魅力に感じてくれる仲間を増やしていく必要があります。そのためには、多くの普通の人たちを巻き込んでいく必要があるのです。

尖った部分をソフトにするというのは、何も目的だけの話ではありません。目的だけでなく、手段についてもソフトなものにすることが重要です。何かを成し遂げようとしたときに、過激な手段を選ぶ人は多いと思いますが、それでは多くの普通の人の賛同を失うことになるのです。

仲間が拡大していけば、一般的な常識を覆すに値するだけの賛同も得られるようになります。

尖った意見を持っている人というのは、オリジナルな存在であり、SNSの普及によって自分が見たいことしか見なくなった世の中にとっては必要な存在です。そうしたオリジナルな人たちが、世の中から正当に評価されるためには、この「ソフトに伝える」技術が必要なのです。