言葉1つで伝わり方が変わる

今日は、何かを相手に伝えようとしているけどうまくいかなくて悩んでる人にお伝えしたい、魔法の言葉をご紹介します。

簡単に言えば、同じことを伝えているのに、言い方が違うだけで、相手に与える影響が全く変わってくるというものです。

わたしも仕事上、クライアントやアライアンス先と交渉することが多いので、どうやったら正しく意図を伝えるとともに、できれば協力的になってもらえるだろうかというのを常々考えていますが、とても難しいです。

もちろん、話のわかりやすさであったり、自分の態度であったりと、色々な要素が重なってきますが、今日は言葉の力にフォーカスしてお話したいとと思います。

言葉を変えるだけで伝わり方が大きく変わる

まずは、以下の動画を見てみてください。

同じ趣旨のことを書いているのに、その表現力の違いによって何とも思わなかったり、心を動かされたりするということがよく伝わってきます。

ユーチューブで360万回も再生された、Change your words. Change your world.

ストーリー:

1人の男性が道端に座っている。
すぐ横には、
"I'm blind. Please help!
「私は盲目です。おめぐみを」
と書かれた
段ボールの切れ端がある。

小銭を置いていくのは
ほんの数人だ。

1人の女性がやって来て
その紙切れを裏返し
何かメッセージを書き込んだ。

すると、多くの人が
小銭を置いて行くようになり
あっという間に大金が集まった。

その女性が戻って来た時
彼はこう尋ねた。
"What did you do to my sign?!
「どんな細工をされたのですか」

女性はこう答えた。
"I wrote the same and different words."
「同じことを書いただけです。ただし言葉を換えて」

そこには、こう書かれていた。
"It's a beautiful day and I can't see it."
「美しい青空ですが、見ることができません」

感情に訴えるということ

先ほどの動画はいかがでしたでしょうか。本当に一つの工夫なんですね。

人は”感情”の生き物です。そして”感情”は、人のあらゆることを支配しており、世界の平和や発展はこの”感情”に支えられている、または振り回されているといっても過言ではありません。

いかに”感情”に訴える言葉を作れるか、これはコピーライティングの世界ですね。引き続き学んでいきたいと思います。