【結論】仕事のストレスでメンタルがやられたときに知っておいてほしいこと

混沌とした現代社会、人間関係は複雑になる一方で希薄となり、ビジネスパーソンはいつ病んでもおかしくない状態です。

自分だけは大丈夫だなんて思って踏ん張っていると、いつの間にか精神的な病魔が襲ってきて、気がつけば取返しのつかないほどメンタルがやられてしまったなんていうこともあります。

これまで私は、自分の最大の資産は健康であるという考え方をモットーに、何よりも精神的な健康状態をキープすることに重きを置き、メンタル回復についても独自の研究を重ねてきました。

今日は、仕事のストレスでメンタルがやられたと感じている方に向けて、私の独自の対処法を共有していきたいと思います。

メンタルが辛くなったら、ソッコー逃げること

これが最も大切なことです。もう一度言います。

メンタルが辛くなってきたら、すぐに逃げてください。

頑張ったり、踏ん張ったりしてはいけません。これはもう鉄則といっていいほどです。

仕事というのは、自分の時間を売って、お金を得るということが本質です。

いいでしょうか、あなたがお金の対価として売っているのは「あなたの心と身体」ではありません。あくまでも「時間」なのです。

つまり、心が病んだり、身体がボロボロになるまで働く必要など毛頭なく、あくまで心も身体も十分な状態をキープしたままであることが正常なのです。